カーテンの機能を理解しよう-遮光・制電・防炎・超耐光等

カーテンを選ぶ基準は、見た目やデザイン性だけではありません。最近非常に種類が増えているのが、「機能性」の高い商品です。

機能性で選ぶことで、省エネに繋がったり、日々のお掃除が楽になったりします。さらに機能性も持ちながらもデザイン性のある製品も多く出ていますので、根気よく探してみると良いでしょう。

機能を確認するときに確認したいのが、日本インテリアファブリックス協会(NIF)の統一マーク。もちろんマークが無いものでも同様の機能がついている場合も沢山ありますので、お店の人に欲しい機能を確認し、お店で聞いてみると良いでしょう。

NIFマークで見るカーテンの機能

遮光機能

光を遮る機能です。カーテンを閉め切ったとき、どれくらい暗いかを示します。遮光率が1級から3級まであります。1級は99.99%以上でほぼ真っ暗。2級は99.8%以上で人の表情が認識できるレベル、3級は99.4%以上で人の表情はわかるが作業するには暗いレベル。

遮光性が高いことでのメリットは、早朝などに入ってきてしまう光をブロックするため良質な睡眠を得ることが可能です。また西向きの窓で西日が強い場所であれば遮光カーテン設置をすることで遮ることができます。

UV機能

窓からは太陽の強い紫外線が入ってきます。この紫外線をカットしてくれるのが、カーテンのUV機能です。夏など、日が当たる部屋にいるとそれだけで日焼けをしてしまったりしますよね。毎日日焼け止めを塗るよりも簡単にUV対策ができます。

ウォッシャブル機能

家庭で洗濯が出来るカーテンのことを指します。ポリエステルで作られていることが多く、洗濯機で丸洗いが出来、伸縮がほぼなく、さらに速乾性があるのがポイントです。

カーテンをクリーニングに出さなくても家で洗濯、乾燥ができるので、維持費が低コストで抑えられ、さらに清潔に保つことが可能です。

防汚機能

ゴミやホコリがつきにくく、汚れや落ちやすいカーテンです。汚れがつきにくいため、お手入れが簡単です。

また、ホコリや汚れや多い状態で洗濯機に入れるのは気がひけますが、汚れが少ないために洗いやすいのもメリットの一つです。

制電機能

静電気が発生しにくいカーテンです。静電気の置きにくい静電性の糸を使って作られてるため、洗濯をしてもその効果は持続します。

静電気が起きるとゴミやホコリがカーテンに付着して汚れてしまいがち。この静電機能があれば、ホコリなどを付くにくく、汚れにくくなります。

撥水機能

カーテンにフッ素系の樹脂加工をしているため、水分をはじく効果があります。水分を吸収するタイプでは、汚れなどが染み込みやすく、また落ちにくいため、撥水機能のあるタイプのカーテンは汚れが付きにくいということがメリットになります。

防炎機能

自治省令消防法施工規則に基づく、防炎性能試験に適合した製品に表示する機能です。

超耐光機能

カーテンは家と外の境目となる大事な役割り。その代わり太陽の光を受けるため、日焼け、色褪せが起こります。特にレースカーテンなどの白いものは光に弱く色が代わりがち。この光にも強いカーテンが、超耐光機能のカーテンです。カーテンを長持ちさせることができます。

ひかり消臭機能

光を触媒した反応と、科学吸着反応により消臭機能を発揮します。特にタバコを吸う人がいる家やペットを飼っている家では匂いがカーテンに付きやすいので、このひかり消臭機能があるものをオススメします。

ソーラゾーン(光触媒消臭)

ホルムアルデヒドやアンモニア、腐敗臭などの悪臭の原因を取り除く、消臭機能です。トイレの窓や、タバコを吸う場所の付近などはこういったカーテンの洗濯の際に漂白剤を使うと効果が無くなるので注意をしましょう。

マイナスイオン

「空気のビタミン」とも言われるマイナスイオンが発生するカーテンです。イオンチャージャーや、プラズマクラスタなどイオンが発生する商品が多くありますが、カーテンにもその機能が付いているものがあります。リラックスしたい方におすすめです。

参考:日本インテリアファブリックス協会(NIF)

以上、カーテンの機能の紹介でした。

カーテンを選ぶ際に、機能面を考えてから選ぶようにすると、より経済的であったり、時間の短縮が出来たりします。デザイン性や見た目だけでなく、どういった機能があったら便利か1度考えてみましょう。

This entry was posted in 機能. Bookmark the permalink.