カーテンの柄にはどんな種類があるのか把握しよう

日本の一般家庭にカーテンが入ってきてから、実はまだ数十年しかたっていません。対してヨーロッパでは数百年の歴史があります。

ある意味日本のカーテン文化はまだまだこれからなのです。特に、デザインに関してまだまだ思い切りが足りないのが日本の家のカーテン。ベーシックな無地のベージュや、ブラウンなど、無地カーテンを選ぶ人もまだ多いようです。

せっかくお金をかけるのであれば、少し遊び心のある柄のカーテンなんかを選ぶのが良いのではないでしょうか?そんなカーテンの柄について、いくつか紹介したいと思います。

ストライプ

日本でもおなじみのストライプ。縦模様のことを指します。ストライプにも色々あり、例えば様々な色を使ったものをマルチストライプ。三色の縞模様はトリコロールと呼ばれます。ストライプのカーテンはお部屋をスッキリとした印象にしてくれます。また、天井を高く見せる効果もあります。

  • ヒッコリーストライプ(ネイビー生地に白い線のはいったストライプ)
  • レジメンタル(斜めに線が入ったストライプ)
  • オルタネートストライプ(ベース生地に2色の線がはいったストライプ)
  • マルチストライプ(3色以上の色がはいったストライプ)

チェック

縦横の交差によって生み出される格子柄とも呼ばれるチェック柄。種類も豊富で色のバリエーションも豊富です。何種類かの色がつかれているものが多いため、シンプルなお部屋に使えばコーディネートのポイントになります。夏はギンガムチェックやピン・チェックなどのシンプルなものを、冬はタータンチェックなどの温かみのあるデザインを使い分けると良いですね。

  • ギンガムチェック(白と他の色が組みあわさっているシンプルな格子柄。)
  • アーガイル柄(ひし形のチェック。スコットランドの伝統的なチェックです。)
  • タータンチェック(制服などでよく使われるスコットランドの伝統的なチェック。)
  • マドラスチェック(赤や黄色、グリーンなどの鮮やかな色を組み合わせたインドのチェック。)
  • 千鳥格子(犬の牙に似ているのでドックトゥースとも呼ばれる格子柄。)

ボーダー

ストライプを横にした横線の模様であるボーダー。青と白のボーダーや赤と白のボーダーなどは「マリンスタイル」でもあり、全体的に爽やかな印象の色合いが多いです。ストライプが縦長に見えるのに対し、ボーダー柄は横長に見えるため、お部屋を広く見せたい時にもオススメです。

水玉

ベースとなる生地に、雨が降ったように丸い模様が入っているのが水玉模様。ドットプリントとも言います。丸という形は柔らかさ、優しさなどを表現するため、女性らしい、可愛い印象になることが多いです。寝室などよりも家族が集まるリビングや、子ども部屋などにオススメします。シックな印象で水玉模様を取り入れるのであれば、水玉模様部分がとても小さいピンドットという柄であれば、可愛くなりすぎずにまとまりますよ。

花柄

女性に人気なのが花柄。小花が規則的に並んだシンプルなものや、大胆な花があしらわれたものまで様々。アメリカンカントリーなテイストのガーリーなお部屋には白やベージュの生地にピンクや優しい赤の小さい花が似合いますし、ヨーロッパテイストのシックなお部屋には落ち着いた色の繊細なタッチの花柄が似合います。逆にマリメッコの人気テキスタイル「ウニッコ」のようにシンプルで大胆なお花の構図であれば、人気の北欧テイストの部屋にも。カーテン一つで各国のお部屋の雰囲気に近付けるのが花柄の良いところですね。

植物柄

昔はあまり見ませんでしたが、人気が高くなっているのが植物柄。例えばヨーロッパの人気デザイナーであったウィリアム・モリスの柄では、落ち着いた色に繊細なタッチで植物が描かれているものが人気ですし、マリメッコやIKEAが出している北欧風の柄でも植物がよくモチーフになっています。また、「モンステラ柄」などはやしの木の葉っぱをモチーフにしているのですが、この柄はハワイのような南国をイメージさせるので、夏のお部屋などにもピッタリです。

アニマルプリント

パンチの効いたお部屋にはアニマルプリントなどはいかがでしょうか?シマウマ模様のゼブラ柄、ヒョウの模様のレオパード柄、キリンの模様のジラフ柄、牛の模様のカウ柄、他にも、ダルメシアン柄やバンビ柄なんていうのもあります。くっきりとした模様のカーテンであれば、インパクトのあるお部屋に、逆に自然な色合いや模様であれば、大人っぽいシックなお部屋にも。色合いが濃いものは寝室のカーテンなどに、薄いものはリビングにも合いますね。

他にも、カモフラージュ、幾何学模様、ペイズリー柄、ゴブラン柄、和柄、モザイク柄、ノルディック柄など様々な柄のカーテンというのが沢山あります。ショールームなどに行き、1度参考にしてみると良いでしょう。

This entry was posted in . Bookmark the permalink.