既製カーテンとオーダーカーテンの違い

カーテンの啓蒙活動、多くのご家庭に良いカーテンが付いて欲しいと思いこのサイトを作成していますが、はじめての人にとっては既製カーテンとオーダーカーテンの違いもいまいち分からない所でしょう。

今回は、その違いをカンタンにまとめてみました。

既製とオーダーを比較

既製カーテン オーダーカーテン
大量生産 ひとつずつ注文を受けて製造
サイズは規格にあったもののみ 窓に合わせてサイズがつくれる
決まったものから選ぶ 色、柄、デザイン、生地が選べる
ヒダが平面的で広がりやすい ボリュームがあり綺麗
折り返し部分2つ折 ウェイトが入っていて長持ち

スペックとしては、当然オーダーカーテンのほうが良くなるのですが、価格もその分高くなります。安いものだと5000円くらいから高いものだと5万円以上のものもありますが、3~5万円/一枚の予算があれば自由に選ぶことはできるでしょう。

ファッション性

カーテンにはそれほどこだわりが無いという人もカーテンの大きさは気になっている人もいるはずです。部屋に対してカーテンの占める割合というのは非常に大きいですよね。

カーテンをお洒落にするだけで部屋の印象がガラッと変わります。室内インテリアと聞くと興味を持つのにカーテンというと必要最低限を求める人が多いのが現状でしょう。ただ、拘ればその分お洒落な家になりますね。

耐久性

オーダーカーテンの品質は高い分、よくなっています。装飾品、ファッションとしても十分価値のあるものですが、実利性だけを考えても既製カーテンを使うより長持ちなので金額的にもお得なケースがあります。

賃貸で窓のサイズが1年ごとに変わるのであれば別ですが、長く使うのであればオーダーという選択肢も良いのではないでしょうか。

あとは折り返し部分が2つ折か3つ折かなどの違いもありますが、上記を踏まえて既製品も見ていくと良いものが探せると思います。お客さんがくるところだけでも輸入カーテンなどにしておくと褒められると思いますよ。カーテンってほんとうに皆さん良いものを知りませんから。

This entry was posted in コツ and tagged , . Bookmark the permalink.