ブラインドの種類

ブラインドとはスラットという細長い帯状の板で作られたカーテンの種類です。スラットの角度を変えて光を取り入れたり、スラットを全て閉じることで光を遮ることが出来ます。

オフィスや施設などでよく使われていますが今では一般家庭でもカーテンと同様に一般的で人気があります。特に光をコントロールしたい人、簡単に掃除をしたい人、丸や変形タイプなど、変った形の窓にオススメです。手で開けるカーテンと違い、ポールやチェーンを回転させることで開閉を行います。そのため、片手だけで操作を行いたい人に対しても、手軽に使うことが可能です。このブラインドにも、形状や素材で種類がありますので、使用用途に応じて取り入れましょう。

横型ブラインド

一番一般的なタイプのスラットが横に入っているブラインドです。特に、オフィスなどの住環境以外の場所では「べネシャンブラインド」と呼ばれるアルミやプラスチック製のブラインドがよく使われています。横型ブラインドはシンプルなものが一般的でしたが、最近では色やスラットの幅に遊びを持たせていたり、スラットごとに色を変えてストライプのマルチカラーのようにしたりと、デザイン性の高いものも多く登場しています。機能面では、布ではないので汚れがふき取りやすい、タバコや料理の匂いが染み込みにくいといった特長があります。

冷たい、寒いイメージがあるかもしれませんが、「遮熱コート」が加工されているタイプなどもあり、暑い夏に熱を取り入れず、冬は熱を逃がさないといった機能的な製品も多く出ています。

縦型ブラインド

スラットが縦に入っていることが特長のブラインドです。横型ブラインドよりも、スタイリッシュでデザイン性に優れたものが多いことが特徴です。リビングや寝室などの大きめの場所の窓に似合います。また、こちらも横型ブラインド同様に変形型の窓、特に縦にスリットが入っているため、天井が傾斜している場所なども対応できます。

ファブリックブラインド

ファブリックブラインドとは、布の生地でスリットができたブラインドです。ブラインドの便利な操作性、機能性はそのままに、カーテンのような布のもつ温かみや柔らかさ、外の光を取り入れる採光性を両立させたブラインドです。目隠し機能がありながら光を取り入れるため、昼間使うリビングやキッチン、ダイニングなどに向いています。

木製ブラインド

スリットが木製で出来たブラインドです。ウッドブラインドとも呼ばれています。木で作られているため、ホワイト、ベージュ、ブラウン、ラークブラウン、ブラックなどの色合いがあり、ホワイトやベージュはナチュラルテイストのお部屋、ブラウン以降の濃い色は高級感のある空間や、大人っぽい部屋、重厚間のある部屋に似合います。どちらもオシャレな空間に仕上がります。

This entry was posted in 窓装飾の種類. Bookmark the permalink.