窓周り以外に使えるカーテンの種類

一般的なカーテン。そして、ブラインド、ロールスクリーン、シェードなど以外にも、カーテンには種類がいくつかあります。その一部を紹介しましょう。特にここで紹介するのは、空間を仕切ったり、お部屋のコーディネートのアクセントになるような役割りを果たす、窓周り以外にも使えるカーテンです。使い方一つで省エネになったり、夏や冬の暑さ・寒さ対策になりますので、使用用途に応じて使い分けましょう。

ストリングカーテン

あまりききなれないストリングカーテン。通常のカーテンが布であるのに対して、このストリングカーテンは糸状のカーテンのことを指します。サラサラとした細い糸で出来ているため、遮光性などはありませんが、代わりに空間を仕切るためや、ちょっとしたお部屋のアクセントに使われることが多いです。非常にデザイン性が優れたものが多いため、ブランドショップや雑貨屋など、店舗の中で活用されることも多いです。

すだれ

日本のカーテンであるすだれ。竹で作られたものや木材を使用した伝統的なものから、プラスティック製のお手入れが簡単なものまで、様々なすだれがあります。和室にはもちろん、「和風モダン」なテイストのすだれも多く販売され、「洋室」にも取り入れることが可能になりました。窓に設置するに光の調整が難しかったり、保温性などの機能面は乏しいため、ストリングカーテン同様に部屋の間仕切りに使ったり、お部屋のアクセントに設置をしたり、見せたくない棚などに目隠しで使うなどがオススメです。

のれん

すだれ同様に、日本伝統のカーテンである「のれん」。小料理屋さんなどの店先に掛かっているのが印象的ですよね。家庭の中は、部屋と部屋の間に取り付けたりすることで、冷暖房の効果を高め、暑さ、寒さ対策、また省エネにも繋がります。もちろんデザインの優れたものが多いのでコーディネートのポイントにもなりますよ。和風のものだけでなく、ボーダーや、花柄など洋室にも合うデザインも豊富です。

アコーディオンカーテン

お部屋に設置をし、横に開閉するタイプのアコーディオンカーテン。アコーディオンドアとも呼ばれます。このアコーディオンカーテンは、窓に設置をするというよりも、部屋の間仕切りや、ドアの代わり、ベランダやテラスの入り口代わりに設置をされることが多いです。レザーと呼ばれる生地は、ナチュラルなベーシックタイプ、高級感のあるもの、透明なシースルータイプなど素材も様々。汚れがつきにくい防汚機能、遮光機能、環境に優しいエコなもの、静電気を帯びにくい帯電防止機能など、機能性にも富んでいます。

This entry was posted in 窓装飾の種類. Bookmark the permalink.