スクリーンの種類

映画の幕のように、1枚の平坦な布を上から吊るすタイプがスクリーンです。このスクリーン何よりも特徴的なのがそのシンプルなスッキリ感。カーテンのような重み、厚みがないため、少し保温性や防音効果には劣るものの、狭い空間をスッキリと見せたり、和室のようなカーテンの設置できない空間にも似合います。スクリーンにも、上部に巻き上げるタイプや、左右に収納するタイプなど種類がありますので、部屋の雰囲気や機能性などを加味して選びましょう。

ロールスクリーン

ロールスクリーンは1枚の生地を巻き上げて採光を取るタイプのカーテンです。このロールスクリーンは1枚の布で空間を遮るため、シンプルですっきりした印象を持たせることができます。また窓辺だけではなく、例えばお風呂場や、クローゼットや収納の扉、目隠しの代わり、部屋と部屋を区切る間仕切りの代わりなど、用途が豊富なのが特長です。ロールスクリーンは生地が厚手ではないため、完ぺきに光を遮らないので、キッチンなどの夜に使わない場所で使用されることが多かったのですが、最近ではダブルタイプと呼ばれるロールスクリーンを2枚重ねたものも登場し、寝室やリビングなど、さらに用途が広がりました。

プリーツスクリーン

プリーツスクリーンはプリーツ(ヒダ)を上へたたんでしまうタイプのスクリーンです。このプリーツスクリーンはロールスクリーンに横の線が入っている形状のため、シンプルながらもデザイン性があり、また洋室だけでなく和室にも対応できるのが最大の特徴です。ブラインドと同様にポールやチェーン、コードを使って開閉をするため、年配の方でも楽に操作できるのが嬉しいところです。

パネルスクリーン

ロールスクリーンは上から1枚の布を吊り下げ、上に巻き上げることで採光をとるものですが、パネルスクリーンは複数枚の布を吊り下げ、左右に開閉するタイプのスクリーンです。お部屋をすっきりと見せてくれるので、ベランダや庭に面している場所、和室にもぴったり合います。また一部を片側を閉じて、片側を開けるといった融通も利きますので、リビングなどにある大きめの窓にも重宝します。

ハニカムスクリーン

ハニカムスクリーンの「ハニカム」とは、蜂の巣のことを意味します。なぜ「蜂の巣」と呼ばれているのかと言うと、横からスクリーンを見ると、ぺラッとした1枚の生地ではなく、六角形の隙間が空いた生地が連なっているのです。この隙間は「空気層」となり、保温性が非常に優れています。夏は冷房の効果が上がり涼しく、冬は暖房の効果が上がるので温かいという、機能性に優れたスクリーンです。日本ではTOSOや、タチカワブラインドなどのメーカーがこの商品を作っています。

This entry was posted in 窓装飾の種類. Bookmark the permalink.